野菜嫌いのこどもでも飲める!おいしい青汁ランキングPLUS

alt_02

こどもが野菜嫌いになってしまう3つの理由

チェック画像野菜の苦みが嫌い、食べ慣れていない

野菜独特の苦みがどうしても苦手なこどももいます。

チェック画像食感がどうしても嫌だと思っている

野菜の食感は、肉や魚に比べてボソボソパリパリとするので、嫌がる子もいます。

チェック画像無理に食べさせられたことがトラウマになっていて嫌だ

野菜そのものというよりも、無理やり食べさせられたことが嫌だというパターンです。

こどもが全然野菜を食べてくれない……ありますよね。野菜は、肉や魚にはないビタミンやミネラルなどが豊富で、栄養補給に最適ですから、こどもには小さいころから野菜を食べてほしいと思うのは親心として当然だと思います。ただし、こどもは大人とは違う味覚を持っています。こどもが好きな味は、甘いものやしょっぱいもの、うまみのあるものが大半。野菜は苦みがあるので、どうしても本能的に嫌われてしまう傾向にあるようです。

大人なら、「野菜には豊富な栄養素が含まれていて健康を維持するために食べたほうがいい」、ということを頭で理解できるので、仮に野菜が嫌いでも、健康のために我慢して食べることはできます。でも、こどもは違いますよね。嫌いなものは嫌い……それが、こどもにとってのすべてです。

好きではない野菜を無理やり食べさせようとしても、無理強いで食べさせられたという経験がこどもには残り、野菜全般に対して嫌なイメージを持ってしまうことがあります。野菜がおいしいと思えるようになるためには、決して無理強いしてはいけません

そこで、野菜の栄養を手軽に補給できる青汁を試してみてはいかがでしょうか。最近ではこどもでも飲めるおいしい青汁が開発されているので、かつての青汁の苦いイメージは一新されています。食感は普通のジュースと一緒です。おいしい野菜をそのまま食べられるようになることも、もちろん素晴らしいのですが、おいしい青汁を飲んで栄養補給するのも代替手段としておすすめです。もちろん、他の料理に混ぜてみたり、ケーキにしたり、調理で工夫してもいいでしょう。

このサイトでは、管理人である私がおすすめする、こどもでも飲める青汁についてご紹介します。

こどもに青汁を飲ませるときのポイント

チェック画像青汁は年代問わず飲める食品です

青汁そのものは食品なので、小さいこどもでも飲めます。牛乳割りにして飲むと抵抗感がないようです。

チェック画像検査体制や農薬検査をきっちりしている青汁を選ぼう

こどもに飲ませるときは、農薬などの検査体制が整っているメーカーのものを選んでください。

チェック画像様々な食べ方を試して楽しむ

様々な食べ方を試してみることができます。青汁パンケーキや、ジュース割りなどバリエーションは豊富です。

小さいこどもがいるときの青汁活用法

トップサムネイル画像青汁というと、苦いというイメージをお持ちの方も多いかもしれません。昨今販売されているものは、苦みのあるケールよりも、大麦若葉など比較的苦みが少ない原材料をベースに作られているものが多いです。ケールはキャベツの仲間の野菜で、大麦若葉はその名前の通り大麦のまだ穂をつける前の段階のものです。青汁が苦いというイメージは、強い苦みのあるケールのせいかもしれませんね。まずは、青汁=苦いというイメージを捨てましょう。

大麦若葉で作られた青汁は、抹茶のような味と香りがします。そのままでももちろん個人によっては飲んでくれることもあるのですが、より飲みやすいようにアレンジをするといいでしょう。一番メジャーな方法では、牛乳割りにしてみることです。牛乳で割ることで、かなりマイルドな味わいになります。抹茶ミルクのような味になります。抹茶のような味にしても違和感のないものであれば、ほとんどのものが対応できます。

たとえば、ホットケーキに混ぜてみるのはいかがでしょうか。ホットケーキの抹茶味は、ありそうな味ですね。緑色のホットケーキになり、野菜嫌いでも大変食べやすいです。フルーツの配合されている青汁の場合は、フルーツの風味もして、青汁のパンケーキはちょっとしたお菓子にもなります。忙しい朝の栄養補給にも最適です。ヨーグルトのトッピングとしても使えます。さらに、手軽にできるフルーツスムージーの材料にもできます。お好みのフルーツ、氷、青汁の粉末を用意して、混ぜるだけという大変おいしいお手軽なスムージーができますよ。

こどもの体調は、大人とは違います。体にいいものであっても、消化吸収能力がまだ発達していないので、下痢になってしまったり調子が悪くなってしまうこともあります。そこで、青汁を生活に導入する際には、少量ずつ試してみることを推奨します。できれば、試飲ができるものや、お試しコースなどで初回が安くなっているものだと、万が一こどもの体調に合わなくても中止しやすいですよね。アレルギーをお持ちのお子さまの場合も要注意です。原材料をよく確認して、アレルゲンがないかどうか調べてください。

青汁は、1日にたくさん飲んだからといって、健康効果が早く出るものではありません。必ず、1日の摂取量を守ってください。もし他の健康食品を摂っている場合は、他の健康食品と成分が被ってしまって、摂取しすぎにならないかどうか、気をつけてみておくといいでしょう。赤ちゃんの場合は、消化吸収機能が未発達な離乳食に入る前よりも、離乳食が少し進んだ段階の1歳くらいを目安にするといいでしょう。1歳では、様々な食べ物が食べられるようになってきます。

青汁には、はちみつが配合されているものもあります。1歳の段階では、はちみつに対する抵抗力が完全ではないので、念のためはちみつ入りのものを避ける方もいます。こども向けに作られた青汁は、こどものことをよく考えた配合、飲みやすい内容量になっています。大人の場合は、青汁一杯が100ccや200ccであっても問題はないのですが、こどもが200ccを飲もうとすると大変です。飲みきりサイズのものだと、毎日続けやすいですね。

普段の食事から野菜を食べるべきではあるのですが、なかなかそこまでの量をこどもに食べさせることは難しいです。まずは青汁を、野菜ジュースの感覚で飲み始めてみてはいかがでしょうか。大麦若葉に含まれるカルシウムは、これから成長期を迎えるこどもにとっては重要な成分ですし、製品中に含まれるビタミンは免疫力向上に役立てることもできますよ。

 

こどもだからこそ、安心安全の品質、飲みやすいものがいいですよね。
フルーツ青汁は飲みやすくておすすめですよ。

こどもでも美味しく飲める青汁を比較してみました

ランキング1位

こどもフルーツ青汁

こどもフルーツ青汁サムネイル画像

特徴

こどもフルーツ青汁は野菜嫌いの人でも飲みやすい製品です。メインの材料は栄養豊富な大麦若葉です。ありがちな苦みや臭みを抑えた配合で、違和感なく飲めます。原材料は農薬不使用で栽培しており、放射性物質の検査体制も整っていることが魅力です。

おすすめ度
美味しさ
飲みやすさ

総評

・小児が苦手な野菜を含む14種類の野菜を配合!
・カルシウムが140mg入っている
・乳酸菌も配合されていて、おなかにやさしい

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ランキング2位

こどもバナナ青汁

こどもバナナ青汁サムネイル画像

特徴

こどもバナナ青汁は、19種類の野菜とフルーツを配合しています。特に、バナナが入っているのは珍しいです。スピルリナという植物も入っていて、豆腐の12倍のタンパク質を含み、栄養吸収率が良いことでも知られています。

おすすめ度
美味しさ
飲みやすさ

総評

・バナナが入っているので、とても飲みやすい
・栄養バランスに優れたスピルリナ配合
・自然な甘みは黒砂糖を使用。保存料不使用

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ランキング3位

大麦若葉青汁

大麦若葉青汁サムネイル画像

特徴

大麦若葉を使った青汁です。難消化性デキストリンを配合していることで、食後の糖分の吸収を穏やかにします。外食が多い方や、甘いものが好きな方におすすめです。農薬不使用の原材料を使っています。また、抹茶を配合しているのでとても飲みやすい味です。

おすすめ度
美味しさ
飲みやすさ

総評

・トクホを取得しているので安心
・食後の血糖値が気になる人に最適
・大麦若葉はビタミン、葉酸、鉄分が豊富

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ランキング4位

藍の青汁

藍の青汁サムネイル画像

特徴

藍染でも有名な藍という植物を配合した青汁です。ポリフェノールや食物繊維などを豊富に含んでいます。昔から民間療法の薬として使われてきた藍は、生命力がある植物です。ベースは大麦若葉で、さらに熊笹や、おなかの調子を整えるオリゴ糖を配合しています。

おすすめ度
美味しさ
飲みやすさ

総評

・古代のパワフルフード・藍を配合
・牛乳割りにすれば、小児でも飲みやすい味
・オリゴ糖配合のためおなかにやさしい

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら
ランキング5位

おいしい青汁

おいしい青汁サムネイル画像

特徴

名前の通り美味しさにこだわった青汁です。缶入りなので、忙しい朝でも溶かす手間がなく、サッと飲めます。野菜ジュースというよりは、りんごと野菜のスムージーに似たようなイメージで、野菜が苦手な人でも飲みやすいです。

おすすめ度
美味しさ
飲みやすさ

総評

・おいしさにこだわった原材料の配合
・缶1つで、90g分の野菜を使用
・1缶でたっぷり、りんご2/3個分使用

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

こどもフルーツ青汁が選ばれる3つの理由

チェックボタン画像国内産(九州)の大麦若葉を使用

チェックボタン画像バナナ、りんご、みかん、マンゴー配合で飲みやすい

チェックボタン画像乳酸菌とビフィズス菌も摂取できて安心

こどもフルーツ青汁は、長年こどもの成長を応援してきた、スクスクのっぽくんのシリーズから生まれました。野菜嫌いのこどもに悩むママにとって嬉しいポイントがいくつかあります。

まず、原材料は九州産の大麦若葉を使用しているという点です。大麦若葉は、栄養が豊富な野菜で、様々な健康食品のベースとして配合されていますが、よく見ると国産のものと、そうでないものがあります。この製品は九州で採れた大麦若葉を使用しているため、農薬などの問題を気にすることなく、安心して飲めます。原材料の管理も徹底しており、専任担当者がいます。

次に、味付けの面でフルーツの味がするので野菜嫌いのこどもにとってかなり飲みやすい、おいしい味になっています。フルーツの味はするけれど、きちんと野菜の栄養素も摂れるということがポイントです。野菜嫌いの大人が飲んでもいいですね。

最後に、乳酸菌とビフィズス菌も摂取できることがポイントです。一杯でヨーグルト14個分の乳酸菌が入っています。成長期に必要なカルシウムは、一杯あたり140mg補えます。1日の分量は75mlなので、小さいこどもでも飲みやすい分量です。他社の類似製品は、100ml、150mなどに分量が設定されていますが、こどもだからこそ、少量で済ませられるのはいいですね。l

青汁は野菜嫌いなこどもでも飲めるものがあります

トップサムネイル画像野菜嫌いのこどもは多くいて、いろいろと試行錯誤をして野菜の味を変えたりしています。その中で、こどもフルーツ青汁は、青汁でありながらフルーツを使っているため飲みやすくなっています。実際に味が濃いピーマンなどは食べてくれないのですが、このこどもフルーツ青汁は喜んで飲んでくれるようになりました。そして、野菜の種類も豊富に配合されていて、トマトやニンジンなど体にいい野菜が14種類入っています。大人で毎日野菜を食べるという人も、14種類も摂ることができないので、これで野菜嫌いのこどもでも補えるのはとてもメリットがあります。

そして、こどもの成長期には野菜がとても大切であり、免疫力の低下や集中力が低くなることもあります。そのため、バランスのいい食事をとらせるとともに、こどもフルーツ青汁を取り入れることによって、先ほどあったような免疫力の向上なども期待できます。集中力が上がったか個人差があるものの、私のこどもは風邪など体調を崩すことが少なくなっています。そして、味が気に入らなければ飲んでくれないのですが、これにはバナナやリンゴやみかんなどのフルーツが入っていて、それによって青汁独特の風味が和らいで飲みやすくなっています。そして、モニタリングを重ねて味の調整をして本当においしいものになっています。そのため、野菜嫌いの保育園児から中学生や大人も飲めるような味です。

青汁自体には、多くの栄養素が含まれていて、いろいろな栄養素をまとめて摂れるのが一番うれしい部分です。栄養素でいうと、食物繊維やカルシウムやビタミン類が豊富に含まれています。そのため、先ほどもあったように風邪などを引かなくなったのも、栄養が行き届いて免疫力が向上したからだと思います。それにプラスして乳酸菌も140億個も配合されていて、腸内環境も整えることができます。もちろん、こどもフルーツ青汁には、保存料や着色料や人工甘味料が入っていないので、安心してこどもに与えることができます。そして、笑顔でごくごくと飲んでくれるのはとてもうれしいことです。

公式サイトはコチラ

野菜嫌いの子供も飲めるこどもフルーツ青汁

トップサムネイル画像小さな頃から野菜を食べさせておけば好き嫌いはしないだろうなと思っていましたが、こどもがすでに野菜嫌いで食べられる野菜はほとんどないと言っても良いくらいでした。健康にも良くないし食べさせなければと色々工夫をしましたが、やはり野菜嫌いなままでどうにかならないかと考えた結果青汁に辿り着きまさした。大人用のものでも美味しい青汁は最近多いですが、こどもからするとやはり野菜の匂いや味を感じるみたいで飲んではくれませんでした。飲んでくれてもコップいっぱいは多いみたいで飲み切ることができず、さらに悩んでいた時にこどもフルーツ青汁の存在を知りました。

野菜も沢山入っているし、甘みも自然で体に良いものしか入っていないと感じたので購入し、飲ませてみたところこどもが本当に美味しいと言って飲んでくれたので感動に近い気持ちでした。こどもフルーツ青汁は量が少なくてもしっかり野菜を摂取できるというのも、こどもが飲みやすいと感じた理由の一つかなと思います。毎朝こどもフルーツ青汁を飲むことができていて、すでに日課の一つになっているので青汁がないと朝が始まらないという雰囲気にまでなっています。

野菜嫌いでもこんなに飲むことができる青汁があるとは思ってもみなかったし、飽き性の子供でも美味しいからと毎日続けてくれているので本当に嬉しいです。いろんな野菜を食べさせようとすると手間もかかるし野菜の味がわからないように工夫することも大変ですが、こどもフルーツ青汁なら簡単だし効率よく野菜の摂取ができるので本当に助かっています。野菜は苦くて嫌だと言っていた我が子ですが、フルーツ青汁を飲むようになってから野菜は美味しいという意識が芽生えてきたのか、今まで食べることができなかったような野菜にも進んでチャレンジしてくれるようになってきているので、フルーツ青汁には本当に感謝しているしこれからも続けさせていきたいです。

オススメ記事

こどもフルーツ青汁

ミックスフルーツ味で野菜嫌いであってもごくごく飲める、それがこどもフルーツ青汁の特徴となっています。たった一杯で野菜はもちろん、140億個もの乳酸菌やカルシウムも取れるので、育ち盛りのお子さんにぴったりです。

こどもバナナ青汁

子供が大好きなバナナ味のこちらの青汁は国産大麦若葉のみを使用し、保存料や人工甘味料を一切含んでいないため、毎日飲んでも安心な飲み物となっています。お子さんの野菜不足が心配という場合には、こどもバナナ青汁での栄養補給がおすすめです。

TOP
成長因子の育毛薬